子供 体臭対策 デオシーク

子供の体臭の原因

ニオイの元は、汗と皮脂、そして肌の上の雑菌が原因となっています。
汗線には2種類あります。
第二次成長期といわれるだいたい9歳~13歳頃の時期に分泌される性ホルモンの影響で、男女ともに体が成長します。それとともに、ワキガの原因となるアポクリン汗腺も急激に活性化してきます。
体の成長のタイミングは個人差が大きいので、このため、小学校低学年からアポクリン汗腺が成長しワキガの臭いがし出すこともあります。
子どもの体臭の悩みがでてくる時期もこのころからといえます。

子供 体臭対策 

エクリン腺

身体にはエクリン腺という汗腺が多くあります。体温調節のための汗をかきます。

エクリン腺から発汗される汗には、99%は水分。残り1%に塩分、尿素、アンモニアが含まれています。

ほぼ水分なので、元々は、さらさらしていて色や臭いはほとんどありません。

しかし、放置することで汗の中で雑菌が繁殖し、雑菌が増えるにしたがって臭いは強くなります。

気温の上昇によって出たり、緊張時の冷や汗、辛いものを食べたときなどの味覚からくる汗など、たいていの汗はこのエクリン線からでています。

アポクリン腺

分泌物は、アポクリン線のなかにとどまっている分には匂いを発生させることはありません。

アポクリン腺から発汗される汗は、色が白っぽく、粘り気があります。

アポクリンから出た汗が、皮脂腺から分泌された脂肪酸と混じり合い、雑菌を繁殖させることで、あの苦いような臭いのするワキガが発生するのです。

アポクリン線の数には個人差があり、ワキガが強い方は、このアポクリン腺の数が人より多く、またワキ毛も発達しています。アポクリン腺から出た汗がワキ毛にたまることで、ワキガが強くなってしまいます。